鹿肉やしし肉をはじめとしたジビエ料理、数種類の最高級キャビア、丁寧に熟成されたシャルキュトリーなど、こだわりのレシピと厳選された食材を、洗練された空間で気の合う仲間と心地よい時間をお楽しみください。

title_grandmenu

GATHARING

Vegetable Platter ¥2,200

ベジタブルプラッター

 

Charcuterie ¥2,300

自家製シャルキトリー盛り合わせ

 

Prosciutto Misto and Burrata Cheese  ¥2,800

プロシュートミスト ブラータチーズ

 

Mussel & French Fries ¥2,400

ムール&フリッツ(ムール貝白ワイン蒸し、フレンチフライ)

 

Cheese Platter ¥2,800

チーズプラッター

 

ENTRY

CAVIAR

 

Baeri バエリ

10g-¥1,900 / 20g-¥3,500

スイートコーンを連想させるバターのような味わい。

 

Oscietra オシェトラ

10g-¥2,800 / 20g-¥5,200

希少価値が高く、キャビアの濃厚な味が楽しめます。

 

Beluga ベルーガ

10g-¥9,200 / 20g-¥17,000

世界一の味と呼ばれるに相応しいキャビア。

 

APETAIZER

 

Smoked Salmon with Condiments  ¥980

スモークサーモン・コンディモン

 

Assorted Vegetable Pickles  ¥800

ギリシャ風野菜のマリネ

 

Caesar Salad  ¥1,350

シーザーサラダ

 

Watercress Salad with Pork Ham ¥1,200

自家製ハムとクレソンのサラダ

 

Seasonal Fruits with Mozzarella di Bufala ¥1,600

季節フルーツとモッツァレラ・ブッファラの冷製

 

Quiche SØHOLM ¥900

キッシュスーホルム

 

 

SECONDDISH

HOTDISH

 

Jansson’s Temptation ¥1,150

ヤンソンの誘惑“じゃがいもとアンチョビのグラタン”

 

poached Nordic Saimon ¥1,800

サーモンポッシェ

 

Flat Pie “Brie Cheese & Raw Mushrooms” ¥1,200

ブリー・ド・モーとマッシュルームのタルトフランベ

 

Parmentier of Venison ¥1,600

鹿肉のパルマンティエ

 

Deep Fried Seasonal Vegetables  ¥1,300

季節野菜のベニエ

 

Sardin and Tomato ¥1,100

自家製オイルサーディンとベイクドトマト

 

SPECIALITY

MEATS

 

Frikadeller of Venisson ¥3,000

鹿肉のフリカデラ

 

Roasted Domestic Deer ¥4,000

本州鹿肉のロースト

 

Belgian Stew of wild Boar  ¥3,200

猪肉のカルボナード”ベルギー風煮込み”

 

Private Selection Pork Grilled  ¥3,500

縄文スイートポークのグリル

 

Wagyu Steak and Frites Please ASK

和牛のステックフリット

 

 

Baguette ¥500

バゲット

 

*表示価格は消費税抜きの価格となります。

 

LunchMenu670px

GATHERING LUNCH  ¥1,500〜

前菜6種、主菜6種の中からお好きなものをお選びいただきます。

主菜はヤンソンの誘惑をはじめSØHOLMならではの鹿肉を使った料理などを週替わりでご用意しております。

バケット、ドリンク(コーヒー、または紅茶)がついてきます。

スーホルムのテーマは“ギャザリング”。

まだまだ日本ではあまり浸透していないスタイルです。

気の合う家族や仲間たちとテーブルを囲み、

美味しい食事を分け合いながら楽しい時間を過ごす…

そんな居心地の良いライフスタイルを意味します。

生産者や調理人、サービススタッフの愛情がこもった料理を、

皆さまでシェアしてお召し上がりください。

NEWS_TITLE

さといも2

スーホルムは待ち望み完成するまでの時間を楽しんで頂きたいと思っています。

言葉の受け取り方だが、「豊かな時間」と、「時間の豊かさ」では意味が違う事を明確にしたい。「豊かな時間」とは、予め用意された時間であり、商品のようなもの。「時間の豊かさ」とは、それぞれが自由に感じるものであり、強要されるものではない。したがって、「豊かな時間」を目掛けて動機が向くのではなく、「時間の豊かさ」を求めて動機が動く。そんな心理状況にさせる店作りをする。「時間の豊かさ」は、その空間で、その料理を、その人達と食べる時間の楽しさ、美しさ、大切さを感じてもらうことで生まれる無形のもの。その時間を過ごすことで、自分自身をもっと好きになれる、人を大切に思う、時間の尊さを感じることができる。まさに「真に豊かな人生」ではないだろうか。

 

IMG_0736

私たちが目指すところ

 

◆住(外観、内観、インテリア)

北欧デザインのインテリア(地味ではないシンプルさと、先進的過ぎない素朴さ)を基本とし、メインカラーは白。そこに無垢のウッドカラー、黒のステンレス、若干のゴールドと、生きたグリーン。トラディショナルとセンセーショナルの絶妙なバランス。無機質と有機質を融合し、そこに人の暮らしを表現することで温度を与え、空間そのものを生き物にする。劣化による新調は極力せず、経年美化を目指す。時間の経過と共にゆっくりと変化するお店を楽しんでいただく。

 

◆食(料理、飲み物)

前記のキャッチコピーより、「伝統的な食事」をコンセプトとした料理。キラーコンテンツはキャビアとジビエ。それに、熟成・発酵・保存のそれぞれテーマを持った料理達。食卓という言葉の温かさを感じる料理だが、どこか真似のできない特別感。時間をかけて準備する、調理する。時間をかけることの豊かさを表現したメニュー。ドリンク類はヨーロッパでも北方の産地のもの。カクテル等のシロップ、リキュールは極力手作りで。

 

◆衣(ユニフォーム、サービス)

Ouurの持つ「だらしなくないリラックス感」を清潔に着こなす。使い込むことによる「味」を楽しんで身に付ける。他のレストランのような“パリッ”とした制服ではなく、「真似ができそうな、でもこの「味」は中々出ないな」というラインを保つ。その為にはスタッフ一人一人がユニフォームを大切に扱わなければ。そこにスタッフの丁寧な暮らしが浮き出てくる。これもお客様に体験していただく丁寧な暮らしの一つとなる。丁寧な暮らしを送るスタッフによる、礼を失さず親近感のある親しみやすい応対とサービス。

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP ↑